SyntaxHighlighter

2012/04/27

CentOS 5.x de Tripwire ぱーと2

前回は導入と Tripwire のデータベースの初期化まで行ったので、今回は Tripwire のレポートメール関連の設定を メールが送信できるかテスト メールが送信できない場合はローカルのMTAの設定を見直すか外部のSMTPを使用するように設定を変更 標準のコンフィグ 外部の SMTP を使用するようにはコンフィグをこんな感じで レポート全体をメールで受け取りたい場合は、ポリシーの "# Tripwire Binaries" の直前あたりと最後あたりに行を追加 コンフィグもポリシーも編集したら、"tw.pol" と "tw.cfg" の再生成とデータベースの初期化を忘れずに

0 件のコメント:

コメントを投稿