SyntaxHighlighter

2012/02/07

FreeBSD8.2 に Fluentd をインストール

まずは ruby のインストール。
portupgrade-devel をインストールしたときに ruby はインストールされているんだけど、どうやら ruby1.9 系じゃないとダメなようなので。 ruby19 の ports をインストール で、rehash したあとに gem を使用して Fluentd のインストール えっ?
ちゃんと ruby19 インストールしたよ、、、
ruby のバージョンを確認 おおお
ruby18 と ruby19 が混在している環境だと make.conf で、標準で使用する ruby のバージョンを指定しておかないと1.8系の gem が入ってくるんか

仕切り直し
ruby-gems だけアンインストールすりゃいいかなと思ったけど、念のため ruby19 も
で、 /etc/make.conf に "RUBY_DEFAULT_VER=1.9" を追記
ruby19 と ruby-gems を再度インストール
ruby のバージョンを確認
あらためて Fluentd をインストール ちょっと気になるメッセージが出てるけど、とりあえず使ってみて変な挙動があればちゃんと調べよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿